【CecilShip】

生駒市大人の美髪!髪質改善トリートメント専門店      【CecilShip セシルシップ】

オーガニックや無添加化粧品が安心って思っていませんか?

オーガニックとかボタニカル、天然由来成など色んな魅力的な言葉が並んでいますが、イメージだけで安心安全って思っていませんか?

効果・効能で医薬品、医薬部外品、化粧品に分かれます

まず最初に、どんな商品でも薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

医薬品・・・病気の治療を目的とした薬のことです。配合成分の効果が厚労省によって認められたものです。医師が処方するものや大衆薬があります。

医薬部外品・・・厚労省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。治療ではなく防止・衛生を目的に作られています。「皮膚の殺菌」「にきび予防」「日焼けによるシミを防ぐ」などの効果を訴求できます。「薬用」という表示がありますが「医薬部外品」で認められている表示ですので「薬用=医薬部外品」となります。

化粧品・・・清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。医薬部外品に使われる効果効能は認められていないので、パッケージなどに表示は出来ません。

健康志向やアンチエイジングの意識が高くなり、販売される製品は安心安全な素材に注目が高まります。しかし、イメージ先行の耳障りの良いコピーが氾濫しすぎて、消費者が正確に選択できていないのが実情じゃないでしょうか?

ボタニカルとオーガニックの違い

ボタニカル・・・単に植物由来のもの

オーガニック・・・化学肥料や農薬を使用していない有機栽培の植物

つまり、オーガニックはボタニカルの一種です。しかしボタニカルと言ってもオーガニックとは限りません。ややこしいですが、多くの植物があってその中で拘って作ったものだけをオーガニックと呼んでいるってことです。

ここから非常に注意して読んでほしいのですが、世間一般的にボタニカルもオーガニックも優しい成分で身体にも環境にも良いイメージがあると思いますが、実際はそうでも無いんですね。あ、これは日本市場の話です。海外はかなり基準に厳しく認証機関がしっかりしているらしいので別の話と思ってください。

ボタニカルシャンプーは植物由来の成分を配合した種類を指しますが、実は「植物由来成分が、〇種類以上配合」とか「全成分の〇%以上含まれていなければならない」などの明確な規定がありません。植物由来の成分が一つでも入っていれば「ボタニカルシャンプー」と表記できます。

日本のオーガニック商品も、化粧品やシャンプーに配合された数十種類もの成分のうち、1種類だけオーガニック成分を使っているだけで「オーガニックコスメ」「オーガニックシャンプー」と名乗れてしまうのです。

最近も、某有名オーガニックブランドが、製品の成分表記を偽装してて自主回収するという話がありました。かなり有名なブランドだったので知っている人も多いと思います。

ボタニカルシャンプーであっても、洗浄力が強めのシャンプーもありますので、「ボタニカル」という言葉だけでの判断はやめましょう。ボタニカル以外の成分も見て、自分に合うアイテムを見極めることをお勧めします。CecilShip【セシルシップ】では、シャンプー剤の内容成分をスコアリングして今お使いのシャンプーがどのような特徴があるのかがわかる資料を配布するサービスをはじめる予定ですのでお待ちください。

天然由来成分と無添加化粧品

無添加とは、何も入っていない添加されていないと思っていたら大間違い。かつての厚生省によって 1980(昭和55)年に『使用すると肌にアレルギーや、トラブルを起こす可能性がある』と 定められた103種類の表示指定成分が入っていれば表示しなければいけませんが、 103種類以外の成分が配合されている場合は【無添加】と謳えるのです。オイオイって感じですが、現在化粧品に使用できる成分はなんと数千種類以上。その中のたった103種類が入っていないだけで使用できる言葉なんです。

『表示指定成分』とは、人によりアレルギーなどの肌トラブルを引き起こす恐れがある成分で、2001年の全成分表示制度以前は、化粧品への表示が義務付けられていました。

2001年、全成分表示制度の始まりとともに、表示指定成分の表示が無くなりましたので、今ではこれら成分を『旧表示指定成分』と言います。

天然由来成分とは、自然の成分に化学処理を加えているという事です。化学処理を加えることで、化粧品として最適な状態に調整しているのですが、天然由来成分と安全性はまったく関係ありません。オーガニックとか天然由来成分は単なる宣伝文句でしかありませんので成分を見て判断するしかありません。

特に、皮膚に疾患が起きやすい人は特に注意が必要になります。化粧品にしろ、シャンプーにしろ人それぞれで反応は変わりますので、必ず新製品を使う場合には、バッチテスト等してからご使用になる事をおすすめいたします。

あの無添加化粧品で有名なファンケルは?

CMで有名なファンケルは防腐剤無しと謳っていますが、日本では化粧品として薬事法上の許可を受けるためには、一部の例外を除き3年以上変質・変色等しないという制限があります。防腐剤無しで3年以上品質を保つ事は不可能です。それではなぜファンケルは、防腐剤無しと謳えるのか?

一つめは、無添加で品質を保つには『30mL』が限界とし、『特殊な密閉容器』で『少容量』を採用しています。

そしてもう一つ、エチルへキシルグリセリン』というパラベンの代わりに良く使われる成分を使用しているようです。

グリセリンに2-エチレンヘキシルアルコールを結合させたグリセリン誘導体です。

グリセリンと同等の保湿効果がありますが、エチルヘキシルグリセリンには優れた抗菌作用や消臭作用(ニオイの原因となるバクテリアの成長を抑制する)があるので、パラベンフリー処方のできる保湿剤として防腐剤を軽減・不使用目的の化粧品に配合されています。

防腐剤フリーの化粧品に抗菌性をさらに高める目的でフェノキシエタノールカプリリルグリコールペンチレングリコールなどと一緒に配合されることがあります。

 

引用:化粧品成分オンライン

企業努力ですね!確かに無添加化粧品なんですね(笑)ただ、先にも書いたように無添加だから安全ではないんで、ご使用の際にはパッチテスト忘れずにやってくださいね。何事も油断は禁物ですからね!

まとめ

日本では、定義が曖昧で消費者としてはどうしても言葉のメージで選んでしまいます。無添加やオーガニックが良い悪いでは無く、自分のお肌や頭皮、髪の毛に合うものを選べるように僕たち美容師が少しでも力になれたらと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top